アクセンチュア、株式会社ディアイスクエアから、PLMおよびALMシステムの導入コンサルティング事業を獲得し、製造業向けのエンジニアリング機能を強化

2021/06/15


【東京発:2021年6月15日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセンチュア)は、製造業向けに企画・開発・設計から製造までのコンサルティングサービスと、業務分析・システム構築・導入・運用・保守まで、一貫したソリューションサービスを提供する株式会社ディアイスクエア(東京都渋谷区、代表取締役社長:本多 信隆、以下、ディアイスクエア)から、製造業界向けの製品ライフサイクル管理(PLM:Product Lifecycle Management)およびアプリケーションライフサイクル管理(ALM:Application Lifecycle Management)システムの導入コンサルティング事業を譲り受けることに合意したことを発表します。本合意の条件は非公開です。

アクセンチュア、株式会社ディアイスクエアから、PLMおよびALMシステムの導入コンサルティング事業を獲得し、製造業向けのエンジニアリング機能を強化
 

アクセンチュアは、ディアイスクエアから当該PLMおよびALM事業ならびに関連するノウハウや顧客基盤を引き継ぎ、事業に携わる約70名の人材をアクセンチュア インダストリーX(エックス)グループに迎え入れます。これによって、さらなるスマート化やコネクテッド化が進むお客様の製品とオペレーションのデジタル化に向け、製品企画、開発設計、生産から保守にいたるまで、一貫した変革をワンストップで支援するインダストリーXグループのサービス提供体制のさらなる強化を図ります。

自動運転車やコネクテッドカーをはじめとして、自動車に新たな価値や機能が急速に付加されていく中で、完成車におけるソフトウエアは、異なる領域をまたいだ制御が求められるなど複雑化、高度化が進んでいます。アクセンチュアでは、ディアイスクエアが持つ優れた資産と、アクセンチュアが持つ人工知能(AI)や、デジタルツインなどの先端技術を組み合わせることで、製造業のお客様の開発生産性の向上を図り、製品開発力や企業競争力の強化に貢献していきます。

ディアイスクエアは3次元CAD、CAMに代表される旧来のPLM領域のソリューションに強みを有しており、また広義のPLMである、アプリケーションライフサイクル管理、モジュラー設計、モデルベース・システム・エンジニアリング(MBSE)のような、先進的なエンジニアリング手法を積極的に取り入れている企業です。特に、アクセンチュアの重要なアライアンスパートナーであり、厳格なQCD(品質・コスト・納期)基準を設ける自動車産業界で多くの企業が採用するダッソーシステムズ社のソリューションについて、豊富な導入および運用保守の実績を誇っています。なお、アクセンチュアとディアイスクエアは、お客様にPLMやALMソリューションのより円滑な導入を図るべく、必要とされるソフトウエアライセンスやハードウエア等の物販事業においても協業を推進していきます。

アクセンチュア株式会社 ビジネス コンサルティング本部 インダストリーXグループ 日本統括 マネジング・ディレクター 河野 真一郎は次のように述べています。「製造業の企業は自社だけでなく、オペレーションを行うバリューチェーン全体でデジタル化を推進することが求められています。アクセンチュアは、ディアイスクエアから譲渡される事業をインダストリーXのサービスに組み入れることで、今後さらなるニーズが高まるPLMおよびALM領域の専門性をさらに高めることが可能となりました。今後、データとデジタルがもたらす力を応用して、製造業のお客様の持続可能性、生産性の向上、およびさらなる成長の実現に向けて伴走できるパートナーとしての体制強化につなげてまいります」

ディアイスクエアからPLMシステム導入コンサルティング事業を獲得することは、アクセンチュアがインダストリーX領域の強化に向け、世界中で行っている投資の一環となります。アクセンチュアでは、ドイツを本拠地とするエンジニアリング コンサルティングおよびサービスを提供するumlaut社の買収に合意しました。このほかの投資例として、オペレーション技術を提供するElectro 80社(オーストラリア)、産業用ロボット・オートメーションサービスを提供するPollux社(ブラジル)、オペレーション・コンサルタントのMyrtle社(米国)、テクノロジー・コンサルタントのSALT Solutions社(ドイツ)などがあります。

本合意は、商習慣に基づく完了条件に従って実行されます。

アクセンチュアについて

アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは53万7,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

アクセンチュアのインダストリーXについて

アクセンチュアのインダストリーXでは、顧客の工場運営、コネクテッド製品やサービスの設計、管理のインテリジェント化を推進しています。効率性、安全性の観点で製造やオペレーションを見直し、顧客が優れたモノづくり企業へと変革し、持続可能な成長を遂げる支援を行っています。
詳細は、www.accenture.com/jp-ja/services/industryx0-indexをご覧ください。
 

Forward-Looking Statements
Except for the historical information and discussions contained herein, statements in this news release may constitute forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Words such as “may,” “will,” “should,” “likely,” “anticipates,” “expects,” “intends,” “plans,” “projects,” “believes,” “estimates,” “positioned,” “outlook” and similar expressions are used to identify these forward-looking statements. These statements involve a number of risks, uncertainties and other factors that could cause actual results to differ materially from those expressed or implied. Many of the following risks, uncertainties and other factors identified below are, and will be, amplified by the COVID-19 pandemic. These risks include, without limitation, risks that: Accenture and DI Square will not be able to close the transaction in the time period anticipated, or at all, which is dependent on the parties’ ability to satisfy certain closing conditions; the transaction might not achieve the anticipated benefits for Accenture; Accenture’s results of operations have been significantly adversely affected and could in the future be materially adversely impacted by the COVID-19 pandemic; Accenture’s results of operations have been, and may in the future be, adversely affected by volatile, negative or uncertain economic and political conditions and the effects of these conditions on the company’s clients’ businesses and levels of business activity; Accenture’s business depends on generating and maintaining ongoing, profitable client demand for the company’s services and solutions including through the adaptation and expansion of its services and solutions in response to ongoing changes in technology and offerings, and a significant reduction in such demand or an inability to respond to the evolving technological environment could materially affect the company’s results of operations; if Accenture is unable to keep its supply of skills and resources in balance with client demand around the world and attract and retain professionals with strong leadership skills, the company’s business, the utilization rate of the company’s professionals and the company’s results of operations may be materially adversely affected; Accenture could face legal, reputational and financial risks if the company fails to protect client and/or company data from security incidents or cyberattacks; the markets in which Accenture operates are highly competitive, and Accenture might not be able to compete effectively; Accenture’s profitability could materially suffer if the company is unable to obtain favorable pricing for its services and solutions, if the company is unable to remain competitive, if its cost-management strategies are unsuccessful or if it experiences delivery inefficiencies or fail to satisfy certain agreed-upon targets or specific service levels; changes in Accenture’s level of taxes, as well as audits, investigations and tax proceedings, or changes in tax laws or in their interpretation or enforcement, could have a material adverse effect on the company’s effective tax rate, results of operations, cash flows and financial condition; Accenture’s ability to attract and retain business and employees may depend on its reputation in the marketplace; as a result of Accenture’s geographically diverse operations and its growth strategy to continue to expand in its key markets around the world, the company is more susceptible to certain risks; Accenture’s business could be materially adversely affected if the company incurs legal liability; Accenture’s work with government clients exposes the company to additional risks inherent in the government contracting environment; Accenture’s results of operations could be materially adversely affected by fluctuations in foreign currency exchange rates; if Accenture is unable to manage the organizational challenges associated with its size, the company might be unable to achieve its business objectives; if Accenture does not successfully manage and develop its relationships with key alliance partners or fails to anticipate and establish new alliances in new technologies, the company’s results of operations could be adversely affected; Accenture might not be successful at acquiring, investing in or integrating businesses, entering into joint ventures or divesting businesses; if Accenture is unable to protect or enforce its intellectual property rights or if Accenture’s services or solutions infringe upon the intellectual property rights of others or the company loses its ability to utilize the intellectual property of others, its business could be adversely affected; Accenture’s results of operations and share price could be adversely affected if it is unable to maintain effective internal controls; changes to accounting standards or in the estimates and assumptions Accenture makes in connection with the preparation of its consolidated financial statements could adversely affect its financial results; Accenture might be unable to access additional capital on favorable terms or at all and if the company raises equity capital, it may dilute its shareholders’ ownership interest in the company; Accenture may be subject to criticism and negative publicity related to its incorporation in Ireland; as well as the risks, uncertainties and other factors discussed under the “Risk Factors” heading in Accenture plc’s most recent Annual Report on Form 10-K and other documents filed with or furnished to the Securities and Exchange Commission. Statements in this news release speak only as of the date they were made, and Accenture undertakes no duty to update any forward-looking statements made in this news release or to conform such statements to actual results or changes in Accenture’s expectations.
 

【報道関係の方のお問い合わせ先】

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション本部 広報室
神田 健太郎
TEL: 045-330-7157(部門代表)
Email: accenture.jp.media@accenture.com