アクセンチュア、資生堂グループ全体のDXを加速するパートナーに選定

2021/02/09

 

デジタルを中心とした事業モデルへの改革から、さらなるイノベーションを支えるICT基盤の強化やデジタル人材育成までを支援
 

【東京発:2021年2月9日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、株式会社資生堂(東京都中央区、代表取締役 社長 兼 CEO:魚谷 雅彦、以下資生堂)と、資生堂グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、変化するお客さまと市場環境に迅速に対応することを目的とした戦略的パートナーシップを結ぶことに合意しました。

資生堂は、中長期経営戦略「WIN 2023 and Beyond」の中で、スキンビューティー領域をコア事業とする抜本的な経営改革を実行し、2030年までにこの領域における世界のNo.1企業になることを目指しています。その一環として「デジタルを活用した事業モデルへの転換・組織構築」を掲げています。アクセンチュアは、資生堂が目指すデジタルを中心とした事業モデルへの改革から、世界約120の国と地域でビジネスを展開するグループ全体のイノベーションを支える標準ICT基盤やオペレーションの構築支援、デジタル時代に適応した人材育成に至るまで幅広いサービスを提供し、世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニーの実現に向けた資生堂の長期成長基盤のさらなる強化に貢献してまいります。

アクセンチュアでは、先進的なAI、アナリティクスやオートメーションなどの高度な専門性を組み合わせることで、時代や環境に応じて変化を続けるお客さまの美容体験や購買行動への理解を深め、個客に合わせたオンラインとオフラインを融合したかつてない体験を提供する、資生堂が目指す新事業モデルへの転換を支援します。また、先端のテクノロジーによって、資生堂がグループ全体で取り組む全世界共通のクラウドベースの単一情報システム基盤を構築し、経営情報やデータの見える化、決算の早期化、在庫管理の高度化やグローバル需給管理といったデジタル変革の実現に不可欠な基幹業務プロセスの刷新を支援します。

さらにアクセンチュアでは、将来の資生堂を支える社員のスキル向上を目指し、社員一人ひとりの特性や希望に応じて、人工知能などの先端テクノロジーの知識や変革推進のマネジメント力など、幅広い研修プログラムを組み合わせることができる実践形式のトレーニングを提供し、資生堂のデジタル時代に適応した高度なスキルを持つ社員の育成も支援していきます。

アクセンチュアでは、資生堂の国内事業の支援を皮切りに、資生堂のみならず、その先の消費者、従業員、小売店などの協力会社や株主の皆様など、関わる全ての方々により大きな価値の提供を目指すものです。アクセンチュアでは、これら一連のデジタル変革をさらに強力かつ迅速に実行すべく、資生堂との合弁会社の設立も検討していきます。

アクセンチュアについて

アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは51万4,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。
 

【報道関係の方のお問い合わせ先】

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション本部 広報室
神田 健太郎
TEL: 045-330-7157(部門代表)
Email: accenture.jp.media@accenture.com