アクセンチュア最新調査――没入型技術がオンラインショッピングの体験を再構築し、購入への信頼感向上のカギに

2020/10/20

 

デジタルコマースの波を受けて、主要な消費者向けブランドの約3分の2が没入型体験への投資を開始
 

【ニューヨーク発:2020年9月22日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、現在、デジタルコマースにおいて、拡張現実や仮想現実などの没入型技術(XR)や三次元(3D)コンテンツが消費者からの信頼を高め、オンラインショッピングの売り上げを押し上げる重要な要素のひとつであることが明らかになりました。

アクセンチュア インタラクティブはこのたび、日本を含む、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の3,000人以上の消費者を対象に行った調査レポート「Try it. Trust it. Buy it.」を発表しました。この調査では、47%の消費者が、没入型技術によって製品とのつながりをより感じ取ることができると回答するなど、新型コロナウィルス感染拡大によって消費者の行動が大きく変化する中、オンラインショッピングでの没入型技術への期待が高まっていることが分かりました。

主要な消費者向けブランドの64%が拡張現実、仮想現実、3Dコンテンツや360度動画への投資を始めています。企業が没入型技術に注力する今、企業は一度限りの体験に投資するのではなく、ビジネス全体で拡張性や一貫性のある体験を提供し、効率化を図るために技術を活用することが求められています。調査によると、没入型体験によってオンラインショッピングに対する消費者の信頼感は4%向上することが明らかになりました。

アクセンチュア インタラクティブにて戦略およびイノベーションを担当するマネージング・ディレクターであるロリ・ダボフ(Rori Duboff)は、「新型コロナウィルス感染拡大によりオンラインショッピングが進化する今こそ、デジタルコマースを再考する時期と言えるでしょう。没入型技術の普及によって、オンラインショッピングの規模を拡大させるチャンスが来ていることをブランドは理解すべきです」と述べています。

調査によると、消費者は今までとは違ったオンラインショッピング体験を求めており、約半分(47%)は没入型技術を使って、カスタマイズなど自分好みのサービスを受けられるのであれば、追加料金を支払うと回答しています。また、自動車や高級品などの高額商品をオンラインで購入することにも前向きであることが分かりました。

47%の消費者は没入型技術を使って、カスタマイズなど自分好みのサービスを受けられるのであれば、追加料金を支払うと回答


さらに消費者は、将来のオンラインショッピング体験においては、没入型技術が必須だと考えています。例えば、61%の消費者(日本は42%)は、没入型技術を活用するブランドから購入したいと答えています。

その他の結果:

  • 消費者の48%は、没入型技術を活用しているブランドを、そうではないブランドに比べてより鮮明に記憶しています(日本は40%)。
     
  • 消費者の47%は、自分が必要としているレコメンドが受けられるのであれば、没入型技術を使った製品の方を選ぶと回答しています(日本は34%)。
     

「他のデジタルコマース技術と異なり、消費者は没入型体験によって製品を手に取ったような感覚を具体的に味わうことができます。数回クリックするだけで、高級ブランドのハンドバッグを3Dで表示したり、山頂での休暇の様子を360度ビューで見ることもできます。また、拡張現実を使えば口紅が自分の肌色に合っているかを確認でき、製品の本当の姿を体験することができるのです」とロリ・ダボフ(Rori Duboff)は述べています。

調査方法

アクセンチュア インタラクティブでは、日本を含む、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の3,087人の消費者を調査しました。対象となったのは、過去6か月間、オンラインで製品やサービスを評価、または購入する際に没入型技術を活用した消費者です。

アクセンチュアについて

アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは50万6,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

アクセンチュア インタラクティブについて

アクセンチュア インタラクティブは、体験を通じてビジネスを再構築します。企業の存在価値であるパーパスとイノベーションが両立する意義深い体験を作ることで、企業の持続的成長を支援します。人やビジネスに関する深い洞察とテクノロジーを結びつけることで、生活をより便利に、より生産的でやりがいのあるものにするような体験を設計し、具現化して構築し、コミュニケーションを通じて広め、ビジネスを継続的に支援します。
アクセンチュア インタラクティブは、Ad Age誌が発行する最新のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシーであると評価され、Fast Companyの「a Most Innovative Company」に選出されました。
詳細は下記をご覧ください。
ウェブサイト: www.accenture.com/jp-ja/interactive-index
Twitter: @AccentureACTIVE
 

【報道関係の方のお問い合わせ先】

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション本部 広報室
山田 和美、吉野 淳子
TEL: 045-330-7157(部門代表)
Email: accenture.jp.media@accenture.com