2024/01/19

アクセンチュア テクノロジービジョン2024:「人間性を組み込んだ」テクノロジーは、
生産性と創造性を向上し、産業の再創造と次世代リーダー像を再定義

AIなどの先端テクノロジーは人と組織の能力を拡張し、ビジネスの新たな可能性を切り開く

【ニューヨークおよびラスベガス発:2024年1月9日】 アクセンチュアのテクノロジービジョン2024:「人間性を組み込む:AIはいかに人間の可能性を切り開くか」では、飛躍的なイノベーションが続くなか、特にジェネレーティブAI(生成AI)をはじめとするテクノロジーが、どのように人間的な性質を持つかが示されています。テクノロジーがより人間を中心とした進化を遂げることで、人々の潜在能力が拡張され、ビジネスを再創造するための能力が大幅に向上します。アクセンチュアの調査によると、生成AIは米国の全産業における労働時間の44%に影響を与えることがわかっています。また、900もの職種における生産性向上を可能にし、全世界で少なくとも8兆ドルに及ぶ経済価値を生み出す可能性があります。

アクセンチュアのチーフ・テクノロジーおよびイノベーション・オフィサーであるポール・ドーアティ(Paul Daugherty)は次のように述べています。「AI、空間コンピューティングや生体センシング技術が進化することで、テクノロジーは人間の活動に違和感なく取り込まれるようになります。そして、目に見える世界に残るのは、かつて不可能だと考えられていたことを成し遂げる、新たな能力を備えた人々です。人々の働き方、暮らし方、学習方法におけるこの重要かつ劇的な変化は、小売業やエンターテインメントから医療や製造業に至るまで、あらゆる業界で加速されます。人間性を組み込んだテクノロジーを活用して、ビジネスや働き方を変革するために迅速な行動ができる組織は、業界リーダーの意味さえも再定義するでしょう」

「人間性を組み込んだ」テクノロジー移行に向けた主要4トレンド

「生成AIに代表される人間中心のテクノロジーは、我々の潜在能力を引き出し、ビジネスや社会に大きな利益をもたらします。しかしながら、この利益を享受できるのは、これらのテクノロジーが公正かつ責任を持って使用され、バランスの取れた『人間性を組み込んだ』アプローチを取る場合に限られます」とポール・ドーアティは述べています。経営幹部の93%が、テクノロジーの急速な進歩に伴い、組織が高い目的意識を持ってイノベーションを推進することがこれまで以上に重要であると考えています。

全文レポート(英語)はこちらからダウンロードできます。

調査方法
アクセンチュアのテクノロジービジョンは、24年にわたり、企業全体の状況を体系的に調査し、ビジネスや業界を変革する可能性が最も高いテクノロジー・トレンドを特定してきました。2024年レポートでは、学界、ビジネス界、公共部門にまたがる20数名の専門家からなる外部アドバイザリーボードから知見を収集しました。また、2023年10月から11月にかけて世界20カ国で実施された、21業界のCレベル幹部3,450人と20,000人以上の消費者を対象とした調査も含まれています。詳細はhttps://www.accenture.com/jp-ja/insights/technology/technology-trends-2024をご覧ください。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、世界有数のプロフェッショナル サービス企業です。アクセンチュアは、世界をリードする企業や、行政機関をはじめとするさまざまな組織の中核にデジタル技術を実装することで、組織運営を最適化し、収益を拡大させ、また市民サービスの向上にも貢献するなど、お客様に対して目に見える成果を圧倒的な規模とスピードで創出しています。 アクセンチュアでは、優れた才能でイノベーションを主導する約743,000人もの社員が120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。 また、テクノロジーが変革の成否を分ける時代において、世界中のエコシステム・パートナーとの緊密な連携を図りつつ、クラウド、データ、AIおよび業界ごとの比類のなき知見、専門知識や、グローバル規模のデリバリー能力を最適に組み合わせながらお客様の変革を支えています。アクセンチュアは、ストラテジー&コンサルティング、テクノロジー、オペレーションズ、インダストリーX、ソングの領域をまたぐ、幅広いサービス、ソリューションやアセットを活用して成果につなげています。アクセンチュアでは、成功を分かち合う文化や、360度でお客様の価値創造を図ることで、長期にわたる信頼関係を構築しています。またアクセンチュアは、お客様、社員、株主、パートナー企業、社会へ提供している360度での価値創造を、自らの成功の指標としています。
アクセンチュアの詳細は http://www.accenture.com/us-en を、
アクセンチュア株式会社の詳細は http://www.accenture.com/jp-jaをご覧ください。

# # #

【報道関係の方のお問い合わせ先】
アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション本部 広報室
神田 健太郎
Email: accenture.jp.media@accenture.com

Copyright © 2024 Accenture. All rights reserved. Accenture and its logo are trademarks of Accenture.