会津産業ネットワークフォーラム、アクセンチュア、SAPジャパン
中小製造業向けのデジタル・ICT共通プラットフォームを構築

会津産業ネットワークフォーラム(本部:福島県会津若松市、代表:阿部 進、以下ANF)、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)およびSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、共同で共通業務システムプラットフォーム「コネクテッド マニファクチャリング エンタープライゼス(CMEs)」を構築し、提供を開始したことを発表します。
2021年4月09日

住友化学とアクセンチュア、住友化学グループのデジタル革新に向けて合弁会社を設立、本日より事業開始

【東京発:2021年4月1日】住友化学株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩田 圭一、以下住友化学)とアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、人工知能(AI)やアナリティクスなどの先端テクノロジーを活用して、住友化学グループの業務改革や新規事業創出を担う合弁会社「SUMIKA DX ACCENT株式会社(スミカ ディーエックス アクセント)」を設立し、4月1日から事業を開始したことを発表します。
2021年4月01日

アクセンチュア、最新レポート「フィヨルドトレンド2021」を発表

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、生活者の視点から社会やビジネスにおけるトレンドをまとめた最新レポート「Fjord Trends(フィヨルドトレンド)2021」(www.accenture.com/jp-ja/insights/interactive/fjord-trends)を発表しました。
2021年3月29日

出光興産、アクセンチュアと協力し、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを構築、運用開始

【東京発:2021年3月19日】出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、以下出光興産)は、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)と協力して、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォーム(以下、新プラットフォーム)を新たに構築し、このたび運用を開始しました。
2021年3月19日

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2021」を発表

【ニューヨーク発:2021年2月17日】アクセンチュア(NYSE:ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2021(以下、テクノロジービジョン2021)」を発表しました。
2021年2月26日

アクセンチュア最新調査――企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大していることが判明

【ニューヨーク発:2021年2月9日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、パンデミックによる影響が世界中の企業におよぶ中、最高財務責任者(CFO)は、企業の「経理・財務の守り役」という立場を超え、「事業価値のアーキテクト」や「デジタル戦略の媒介者」へと役割を変えつつあり、CFOの72%が企業のテクノロジーの方針に関する最終決定権を持っていることが明らかになりました。
2021年2月24日

アクセンチュア最新調査――多くの企業がクラウドによる価値創出に苦戦を続けていることが判明

【ニューヨーク発:20201116日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、多くの企業は長年にわたって、クラウドへの投資効果の最大化に注力してきたにも関わらず、依然として価値創出に苦戦していることが分かりました。
2021年2月22日

ジャパンハートとアクセンチュア、新型コロナウイルス感染症の治療を担う医療・福祉現場を支援するため、医療物資等のマッチングプラットフォームを共同で開発・公開

【東京発:2021年2月16日】特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区、 理事長:吉岡 春菜、以下ジャパンハート)、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療を担う国内の医療現場を支援するため、マスク、ガウン等をはじめとする必要物資の不足に悩む医療・福祉機関と供給者をつなぐマッチングプラットフォーム「Heart Stock」を共同で開発・公開したことを発表します。
2021年2月16日

アクセンチュアと国立国際医療研究センター、生活習慣病リスクのAI予測モデル構築に向け共同研究を開始

【東京発:2021年2月12日】アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)と国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(東京都新宿区、理事長:國土 典宏、以下NCGM)は、10年近くかけて蓄積された約12万件の健康診断データを基に、生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症)の将来リスクを確率として提示する、解釈性の高い人工知能(AI)モデルの構築を目指し、共同研究を開始することを発表します。
2021年2月12日

スーパーシティのデータ連携基盤に関する調査業務を内閣府から受託

日本電気株式会社(以下NEC)(※1)、株式会社日立製作所(以下日立製作所)(※2)、アクセンチュア株式会社(以下アクセンチュア)(※3)、一般社団法人データ社会推進協議会(以下DSA)(※4)は、内閣府が推進するスーパーシティ構想(※5)の実現に向けたデータ連携基盤に関する調査業務を受託しました。
2021年2月10日