アクセンチュア最新調査――サイバー攻撃者同士の連携による新たな脅威が出現

【米国バージニア州アーリントン発】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、サイバー犯罪や高度標的型攻撃(APT攻撃)を行うグループは、攻撃対象の選定方法に変化を加えるだけでなく、攻撃者同士が複雑な連携を図り、共通の攻撃ツールを使うことで偽装の手口を巧妙化していることが分かりました。
2019年10月29日