GEとアクセンチュアの最新グローバル調査――インダストリアル・インターネット戦略を推進する上での喫緊の課題はビッグデータ分析であることが明らかに

【ニューヨーク発:2014年10月8日】GEとアクセンチュアが実施した最新のグローバル調査、「インダストリアル・インターネット・インサイト2015 (Industrial Internet Insights for 2015)」によると、今後、企業がインダストリアル・インターネット戦略を推進していくうえでの喫緊の課題はビッグデータ分析であることが明らかになりました。
2014年10月15日

アクセンチュア、会津若松市内の店舗へのモバイル端末を使ったクレジットカード決済サービス導入支援事業を受託

【東京発:2014年9月18日】アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、復興庁の『「新しい東北」先導モデル事業』の一環として、観光をはじめとした地域経済の振興のためのモバイル端末を使ったクレジットカード決済サービスの導入戦略策定および実行に係る事業を受託したことを発表します。
2014年9月18日

アクセンチュア最新調査――企業は、ビッグデータがもたらす効果に満足しているとともに、デジタルを梃子にした変革に向けた重要性を認識している

【ニューヨーク発:2014年9月10日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、ビッグデータをビジネスに活用している企業の経営幹部のうち、92%がその効果に満足していると回答しました。
2014年9月16日

GEおよびアクセンチュア、画期的なインダストリアルインターネットテクノロジーを発表――より安全で効率的なオイル、ガスパイプラインの運営が可能に

【2014年9月8日:テキサス州・ヒューストン】GE(NYSE: GE)およびアクセンチュア(NYSE:ACN)は本日、パイプライン運営事業者が、オイルおよびガスパイプラインの業界において極めて重要な機器類に関する判断をよりスムーズに下せるようサポートするために、インダストリアル・インターネット初となる「Intelligent Pipeline Solution」の提供を開始したことを発表しました。
2014年9月12日

アクセンチュア、横須賀市から市・県民税徴収業務の高度化に向けたアナリティクス業務を受託

【東京発:2014年8月25日】アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、神奈川県横須賀市(市長:吉田 雄人)から、市・県民税の初期段階の未納者に対して、市が行っている架電業務のタイミングを、アナリティクスを用いて最適な時間帯を予測する業務「横須賀市市税納付推進センター架電対象者傾向分析業務」を受託したことを発表します。
2014年8月25日

アクセンチュアとフィリップス、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者様の自立的な生活を支援するため、脳波・音声・視線による指令で様々な製品を操作できるコンセプト実証ソフトウェアを発表

【マサチューセッツ州アンドーバー、ニューヨーク】ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG、AEX:PHIA、以下 フィリップス)とアクセンチュア(NYSE:ACN)は、本日、脳波を測定できるデバイス「Emotiv Insight Brainware」とウェアラブルディスプレイを接続したコンセプト実証ソフトウェア(以下 本ソフトウェア)を開発したことを発表しました。
2014年8月22日

<<News Alert>>アクセンチュアと熊本市が熊本県立会いのもとBPOのニアショア拠点設立に向けた立地協定を締結

【2014年8月4日】アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智)は、熊本県(知事:蒲島 郁夫)立会いのもとで、熊本市(市長:幸山 政史)における、財務・経理、人事、総務、調達、物流などのビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)業務を担うニアショア拠点「アクセンチュア熊本デリバリーセンター(仮称)」設立に向け、同市との立地協定を締結したことを発表します。
2014年8月04日

アクセンチュア、農林水産省より日本の農林水産物・食品の「輸出戦略実行事業」を受託

【東京発:2014年7月31日】アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、本日、農林水産省より輸出戦略実行事業を受託し、2020年までに日本の農林水産物・食品の年間輸出額を1兆円規模に拡大するための取り組みを支援していくことを発表します。
2014年7月31日

アクセンチュア、企業のモビリティ活用に関する最新調査結果を発表

【東京発:2014年7月30日】アクセンチュアが新たに実施した調査によると、多くの日本企業がデジタルテクノロジーにおける最優先事項を「モビリティ」であると考えている一方で、全社的モビリティ戦略を推進できていないことが明らかになりました。
2014年7月30日

日本の慢性疾患患者の半数以上は、オンラインでカルテを閲覧できることが、プライバシーのリスク以上に大事であると考えていることが明らかに――アクセンチュア調査

【東京:2014年7月22日】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、日本の慢性疾患患者の71%は、患者に自らの電子カルテを閲覧する権利が与えられるべきであると考え、慢性疾患患者の半数以上(54%)は、オンラインで自らのカルテを閲覧できるということが、プライバシー面でのリスク以上に大事であると考えていることが明らかになりました。
2014年7月22日